歯科矯正は子供のうちにする方がいいの?

>

歯科矯正の必要性

歯並びが悪くなる原因

お子さんの歯は、まず、生後6か月ごろから乳歯が生え始め、2~3際までに生えそろいます。
そして、6歳頃から永久歯へ生え変わり始め、14歳頃までにはすべてが生え変わります。
歯が生え、そして生え変わる時期のお子さんは育ち盛り。
身体がどんどん大きくなるのと同じように、顎も成長を続けています。
でも、現代の食生活では、やわらかい食べ物の摂取が増えているため、顎の発育が遅い、あるいは、小さめに育ってしまう、ということもあるようです。
顎が小さい、ということは、歯が生えるために十分なスペースが確保できない、ということにつながります。
他にも、指しゃぶりの癖が抜けなかったり、舌で歯を押し出す癖や口呼吸なども、歯並びを悪くする原因にもなると言われています。

歯並びが悪くなると

お子さんの歯並びが悪い状態でいると、どのようなリスクがあるのでしょうか。
虫歯や歯周病になりやすい、というのが、最も大きなリスクですが、それ以外にも気になる点があります。
歯並びが悪いということは、かみ合わせに何らかの影響が出てしまいます。
噛みやすい位置ばかりを使うため、輪郭が左右非対称になってしまったり、口の周りの筋肉や顎の関節に悪影響が出てしまうことがあります。
歯が邪魔して舌をうまく使えないため、さ行、た行、ら行などの発音がしにくくなる、といった弊害が出たりもします。
容姿や会話にかかわる部分のため、お子さんにとってはコンプレックスを感じてしまったり、人前に出たり、話をすることに苦手意識を持ってしまう可能性もあります。