歯科矯正は子供のうちにする方がいいの?

>

悪い歯並びとは

日本人に多い不正咬合

顎のスペースが足りず、入りきらない歯が正しいポジションに収まらず、ガチャガチャと生えてしまっていることを「叢生」と言います。
日本人の「不正咬合」の中で道版多いのがこの「叢生」で、4割以上の方がこの症状に悩んでいます。
歯がねじれたり、重なって生えてしまっているため、虫歯や歯周病の原因となる歯垢がたまりやすく、除去しにくいという厄介な症状です。
次いで多いのが「上顎前突」、「空隙」。
「上顎前突」とは上の前歯が前に出ている状態で、いわゆる「出っ歯」のことです。
上顎が出ている場合あるいは下顎が引っ込んでいることで生じる症状です。
日本人の場合は下顎が引っ込んでいることにより起こることが多い様です。
「空隙」とは、いわば「すきっ歯」のことです。
歯の大きさが通常より小さかったり、永久歯の本数が少ない場合に起こりやすいといわれています。

他にもある不正咬合

上の前歯が出っ張るのと同様に、下の前歯が出てしまう「不正咬合」もあります。
これが「下顎前突」です。
「受け口」と言われることもあります。
遺伝や、顎の発育バランスが乱れていることが原因と言われています。
「不正咬合」の中でも、治療が難しいといわれており、長期間の治療が必要となることもある症状です。
そして、奥歯をかみ合わせたときに、前歯に隙間ができてしまうのが「開咬」と言われる症状です。
前歯で噛むことができないので、奥歯への負担が大きくなってしまいます。
遺伝による骨格の異常の他に、指しゃぶりが収まらなかったり、舌を出したり、咬むくせ、口呼吸などが原因となると言われています。
歯科矯正以外に、癖の矯正も必要になる場合が多い症状です。