歯科矯正は子供のうちにする方がいいの?

>

不正咬合の治療方法

上下の顎のバランスを整える治療

上下の顎の成長速度に差があることで、バランスが崩れてしまうことにより起こる「不正咬合」の治療には、成長を調整する治療を行います。
顎の成長期に行う必要があるため、多くは一期治療で行われます。
「上顎前突」の場合は8~10歳頃、「下顎前突」の場合は少し早めの6~8歳くらいから始めるのが望ましいといわれています。
顎のバランスを整えるために使用される、骨ごと広げる矯正装置は、大人になってからも使用することはできますが、成長期の子供と比べると広がったとしても、安定しない可能性があります。
顎のバランスが取れた後、それぞれの歯を正しいポジションに収めるため、マウスピースやブラケットといった装置を使って調整していきます。
フェイシャルマスクやヘッドギアを用いて治療する場合もあります。

デメリットについても理解しておく

小さいお子さんに歯科矯正治療を受けさせる場合、多くのメリットがあるとともに、デメリットもあることをしっかり理解して置くようにしましょう。
矯正装置を付けている時は、その部品部分に食べかすや歯垢がつきやすくなります。
治療中に虫歯になってしまう、ということもあり得ますので、歯磨きは念入りに行う必要があります。
また、年齢が低いお子さんの場合、矯正器具を付けたがらない、ちゃんと歯医者さんから言われた時間装着してくれない、などのこともあります。
また、希望していた歯並びが実現できたからといって、定期的なメンテナンスを怠ると、元に戻ってしまったり、難しい矯正の場合は、大人になってから再び矯正の必要が出てしまう可能性がある、ということです。
歯科矯正は、個人差が大きく、また、ゴールをどこに設定するかも人それぞれです。
しっかりと歯医者さんと相談しながら行っていくことが大切なのです。